/

この記事は会員限定です

消費増税、実質値下げで消耗戦 物価押し下げも

カウントダウン消費税10%

[有料会員限定]

10月の消費増税後も現在と同額の販売価格を維持する方針を打ち出す小売りや外食企業が相次ぐ。増税分2%を実質的に値下げしてでも客離れを防ぐ狙いだ。コスト吸収に向けて生産体制の見直しや販売増加に取り組むが、各社は消耗戦を強いられそうだ。

「無印良品」を運営する良品計画は増税後も税込み価格を変えず実質値下げに踏み切る。雑貨などの生産拠点を人件費や関税率の低い中国や東南アジア諸国に移し、コストを抑える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン