「日本車王国」タイ変調 4カ月連続生産減
トヨタ7月11%減、GMやタタは縮小・撤退

自動車・機械
東南アジア
アジアBiz
2019/9/17 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=村松洋兵】日本の自動車各社が大規模工場を構えるタイで生産に変調が起きている。生産台数は5~8月まで4カ月連続で前年割れ。米ゼネラル・モーターズ(GM)や印タタ自動車が生産の縮小や撤退を決め、日本勢も調整に動く。農産物価格下落にともなう購買力の低下で国内販売がさえず、米中摩擦などを背景にした世界景気減速やバーツ高による輸出不振が追い打ちをかける。年末にかけ環境悪化の懸念が出ている。

タ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]