経産省、サウジ攻撃で対策本部 石油の備蓄放出を検討

2019/9/17 21:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は17日、サウジアラビアの石油生産の一部停止を受けた石油対策本部の初会合を開いたと発表した。動向を注視しながら必要に応じて国際エネルギー機関(IEA)と連携し、石油備蓄の協調放出を検討する。

対策本部(本部長・菅原一秀経産相)は16日に設置した。経産省は「日本にとって重要な輸入元のサウジアラビア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]