/

この記事は会員限定です

金融×大学、連携深める 高齢者向けサービス開発

野村は老年学研究 日生は認知症の早期発見

[有料会員限定]

金融機関と大学が連携して、高齢者向けにサービス開発を急いでいる。具体的にはお年寄りの健康状態や認知機能に応じた資産運用の提案や金融商品の開発を目指している。経済学だけでなく心理学や医学で知見を持つ大学と組んで、高齢者向けの金融サービスを充実させる狙いだ。

余命が大きく伸びる「人生100年時代」を見据え、資産を長期で運用するニーズは着実に高まっている。これまでの金融サービスは住宅ローンを借りる現役世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り792文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン