岐阜大、大学発スタートアップの認定制度

2019/9/17 19:49
保存
共有
印刷
その他

岐阜大学(岐阜市)は17日、大学発のスタートアップ企業の認定制度を創設した。認定企業には学内のオープンスペースやロゴを使用する権利を与えるほか、自治体や企業と橋渡しする。

同日、森脇久隆学長は岐阜市などの3社に認定証を授与。記者会見で「従来の産学連携から一皮むけたものになる。地元産業界の活性化のため地域を皮切りに世界で活躍する企業になってほしい」と期待を述べた。

認定された3社は以下の通り。

レーダー波の関連装置開発の「フォトニック・エッジ」(奈良市)▽人工知能(AI)技術開発の「Lukos(ルコス)」(岐阜県美濃市)▽医療技術支援の「GRC」(岐阜市)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]