/

この記事は会員限定です

鳥取和牛、子牛価格日本トップ ブランド化進む

[有料会員限定]

鳥取県や地元生産者が「鳥取和牛」のブランド化に向けた取り組みを強化している。市場の子牛価格が高水準を続ける中、県は2017年の全国品評会の肉質評価で日本一となった牛を生んだ主力種雄牛を超える可能性を持つ種雄牛の育成に成功した。遺伝子解析で優秀な牛の繁殖を目指す研究棟も10月から動き始める。大阪に鳥取和牛の専門店ができるなど知名度普及も進む。

県によると、県中央家畜市場(琴浦町)の7月の子牛1頭当た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン