/

この記事は会員限定です

バングラデシュ配車大手パタオ、54億円を調達へ

「スーパーアプリ」目指しサービス多角化

[有料会員限定]

【シンガポール=谷繭子】バングラデシュ配車大手パタオは近く、最大5千万ドル(約54億円)を調達する。同社はそれまで同国になかった二輪車タクシーを導入して市場をつくり上げ成長した。世界8位の人口を抱え、高い経済成長率が続くバングラデシュは投資家にも注目されており、インドネシア同業のゴジェックも出資している。

フセイン・エリウス創業者兼最高経営責任者(CEO)が17日、シンガポールでの日本経済新聞の取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン