/

この記事は会員限定です

積み立て投資の確率論 金融庁サイトに落とし穴

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

少額投資非課税制度(NISA)や個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用して積み立て投資を始める若年層が増えているという。株式相場への影響はまだ小さいが、中長期的には米国のように、相場の下支え要因になる可能性もある。ただ、投資成果への過大な期待は禁物だ。つみたてNISAの場合、過去5年間の対象ファンドの平均リターンは年率5.24%。しかし、始めてから20年目の運用成績は3分の1の確率で年率3%を下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2066文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン