スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

ブブカ氏、立教大で講演「東京五輪、観客も大会の一部」

Tokyo2020
2019/9/17 18:44
保存
共有
印刷
その他

男子棒高跳びの元世界記録保持者、セルゲイ・ブブカ氏が17日、立教大池袋キャンパス(東京・豊島)で講演した。国際オリンピック委員会(IOC)理事を務める同氏は、2020年東京五輪・パラリンピックについて「素晴らしい大会になると確信している。観客も大会の一部で、かかわることが重要だ」と述べ、学生らに競技場や沿道での観戦を呼びかけた。

講演するセルゲイ・ブブカ氏(17日、東京都豊島区の立教大)

講演するセルゲイ・ブブカ氏(17日、東京都豊島区の立教大)

世界記録を35回塗り替えたブブカ氏は五輪に4回出場したが、金メダルは1988年ソウル大会だけだった。「五輪は特別な大会でプレッシャーがあった。1つの金メダルだけでも幸運だ」と振り返り「常に目標を持ち、夢をみるのをやめてはいけない。これはスポーツだけでなく、仕事でも人生でも共通する」と強調した。

またブブカ氏は、陸上の100メートルや走り幅跳びでパラリンピックへの出場を目指す小須田潤太選手(オープンハウス)とも対談。イメージトレーニングの重要さをアドバイスすると、小須田選手は「明日の練習から意識したい」と話した。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
男子種目別決勝 平行棒で着地を決め、ガッツポーズする萱和磨(シュツットガルト)=共同共同

 「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。

 一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進ん …続き (10/14)

女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]