山梨県、首都圏の13大学とU・Iターン就職促進協定

大学
2019/9/17 18:32
保存
共有
印刷
その他

山梨県は17日、首都圏の13大学(短大を含む)とU・Iターン就職促進に関する協定を結んだ。長崎幸太郎知事は「一人でも多く山梨県内で就職してもらいたい。そのために、山梨で働きたいという環境づくりに取り組んでいく」と述べた。

U・Iターン就職の促進へ首都圏の13大学と協定を結んだ(17日、山梨県庁)

協定を結んだのは、桜美林、杏林、国士舘、城西、駿河台、大東文化、帝京科学、東京家政、東京農業、日本工業、文教、武蔵の各大学と、東京家政大短期大学部。

県と各大学・短大が協力し、学生に県内の企業や生活情報を提供するほか、学内で開く合同企業説明会には県もブースを出してPRする。保護者向けの就職セミナー開催も予定している。

山梨県は2012年度から同様の協定を締結しており、これまでに東京、神奈川、埼玉の3都県30大学と結んでいる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]