/

アスクル、指名・報酬委委員長に国広氏

アスクルは17日、欠員となっている独立社外取締役の候補者を取締役会に答申する役割を担う指名・報酬委員会の委員長に同社の顧問弁護士、国広正氏が就いたと発表した。同委の運営方針も発表し、委員の任期は臨時株主総会を開き、新たな独立社外取締役を選ぶまでとし、アスクルのほかに大株主のヤフーやプラス(東京・港)からも独立して運営するとした。

筆頭株主のヤフーは同日、「アスクルの適切なガバナンス体制の再構築に向けてアスクル及び同委員会に最大限協力する」とのコメントを発表した。ヤフーなどが再任議案に反対したことで、アスクルでは8月の株主総会後に独立社外取締役が不在となった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン