/

この記事は会員限定です

苫小牧埠頭、北極海航路でコンテナ試験輸送 日数短縮

[有料会員限定]

北海道苫小牧市が出資する倉庫・港湾運送業の苫小牧埠頭や苫小牧港管理組合は17日、北極海航路を利用してコンテナ貨物の試験輸送をすると発表した。欧州から木材をコンテナで輸入する。北極海航路を使えば従来の航路よりも短期間で貨物を輸送できる。苫小牧埠頭は今後も試験輸送を実施し、寄港地として存在感を高める。

中国の海運最大手、中国遠洋海運集団(コスコ・グループ)の貨物船が13日、フィンランドのヘルシンキ港を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン