中部の病院や学校、ガス発電導入広がる 災害リスク回避

中部
2019/9/18 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部地方の病院や学校で、災害リスクを回避するためガスを利用した発電・空調システムの導入が広がっている。東邦ガスが納入し、設置済みの発電システムの総発電容量は、大型液化天然ガス(LNG)火力発電所1基に相当する75万キロワット(中部電力が保有していた火力発電の約3%)にのぼる。自然災害への危機感からエネルギー分散への関心が高まっている。

愛知県瀬戸市の公立陶生病院は2018年5月、新棟の完成に合わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]