合宿先はシリコンバレー 公立小松大、地域の課題解決

2019/9/17 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年4月に石川県小松市に誕生した公立小松大学が今月上旬、世界中から起業家が集まる米シリコンバレーで学生の合宿を実施した。帯同したのは教員のほか、コマツなど地元企業の関係者らだ。最先端の技術やスタートアップの知見を生かし小松市や企業の課題解決に取り組んだ。

「シリコンバレーの文化、企業、インフラに触れてイノベーションの可能性を体感してください」。9月1日、人材育成事業などを手掛ける米B-Br…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]