防衛相「日米同盟の抑止力強化」 自衛隊前に訓示

2019/9/17 17:30
保存
共有
印刷
その他

河野太郎防衛相は17日、防衛省での自衛隊高級幹部会同で訓示した。「日本の安全保障の要は日米同盟だ。同盟の抑止力、対処力の強化に努める」と述べた。北朝鮮の弾道ミサイル発射などに日米が連携して対処する必要性を強調した。「中国は依然として透明性を欠いたまま軍事力を広範かつ急速に強化している」とも指摘した。

河野氏は宇宙、サイバー、電磁波の新領域の防衛力強化を掲げた防衛大綱に触れて「技術の変化が安全保障のあり方を根本的に変えようとしている」と語った。英国やオーストラリアなど準同盟国との安保協力の拡大にも意欲を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]