洞爺丸事故と伊勢湾台風 大災害を教訓に

就活
池上彰
コラム(ビジネス)
2019/9/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月26日は日本を直撃した2つの大きな台風が大惨事を引き起こした日です。一つは1954年、青函連絡船「洞爺丸」の沈没事故。もう一つは59年の伊勢湾台風による災害です。その教訓は後に青函トンネルや富士山レーダーの建設へ生かされました。今回は大事件の現場を訪ね、台風災害への備えについて考えます。

台風の大型化が指摘される

今夏、世界で異常気象がニュースになりました。たとえばパリで観測史上最高のセ氏4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]