ロシア、船舶型原発を稼働へ 安全性に懸念

2019/9/17 16:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアが開発した海上に浮かぶ船舶型の原子力発電所が2019年内にも北極圏で稼働する。14日に北東部の港に到着した。ロシアは北極圏沿岸や極東など人口が少ない地域への電力供給に活用し、アジアや中東などへの輸出を視野に技術をアピールする考えだ。産業用の船舶型原発は世界初で、安全性に対する懸念も上がっている。

船舶型原発「アカデミク・ロモノソフ」は国営原子力企業ロスアトムが開発した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]