タブレットレジ、増税を商機に 中小・個人店舗に続々

エレクトロニクス
2019/9/18 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月の消費増税を前に、タブレット端末などを使う「モバイルPOS(販売時点情報管理)レジ」が中小の飲食店や小売りの現場に広がる。据え置き型の高機能なPOSレジより導入費用が安く、将来さらに税率の変更があっても更新の手間がかからない。東芝テックなど電機メーカーが君臨していた領域に、リクルート系など異業種が参入。レジ市場は戦国時代を迎えつつある。

9月上旬、東京都豊島区の喫茶店「リールズ」。自家焙煎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]