10/23 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ファンド運営に試練、振り回された孫氏 WeWork支援[有料会員限定]
  2. 2位: 日本電産、20年3月期を下方修正 先行投資で費用増[有料会員限定]
  3. 3位: ヤマトHD、離れる顧客と消えた調整弁[有料会員限定]
  4. 4位: 小売株、増税後の株高は短命か 14年と異なる外部環境[有料会員限定]
  5. 5位: フグ調理資格 認定時の試験必須に 厚労省[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,238,266億円
  • 東証2部 71,572億円
  • ジャスダック 93,548億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.21倍 --
株価収益率14.50倍14.41倍
株式益回り6.89%6.93%
配当利回り1.97% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,625.38 +76.48
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,650 +80

[PR]

スクランブル

フォローする

日経平均10連騰、相場支える「バリュー株の逆襲」
編集委員 川崎健

2019/9/17 16:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中東情勢の緊迫にもかかわらず17日の日経平均株価は小幅ながら10連騰し、意外な粘り腰をみせた。相場を支えたのは資源や金融、建設などのバリュー(割安)株。先週始まった「バリュー株の逆襲」は継続中だ。不人気の銘柄群だけに参加者の多くは反騰の持続性に懐疑的。だが金利と企業業績次第では「今回は違う」可能性もあながち否定できない。

「バリュー株がまだ強いですね。先週のリバーサル(株価反転)の動きがあまりに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム