/

この記事は会員限定です

トリケラトプスの謎を解いた「国産」恐竜学者

恐竜リバイバル(2)

(更新) [有料会員限定]

世界的な研究者を輩出する日本の恐竜学は、かつてない盛り上がりをみせている。これからを引っ張るのは「国産」恐竜学者の第1世代と呼ばれる若者たちだ。

コンピューターで「歩き方」の謎に迫る

3本の大きな角が特徴の「トリケラトプス」。必ず子ども向けの恐竜図鑑に登場する主役級だが、実は歩き方がわからず、長年の論争の的だった。トカゲのように「肘」を横に張りだして歩くのか、イヌやネコのように脚を真っすぐ下に伸ばすのか。同じ4本脚でも歩き方はまったく変わり、体つきも変わる。

名古屋大学博物館(名古屋市)の研究室。粘土でできた相撲取りのフィギュアがみつめる不思議な空間に、「トリケラトプスの謎」を解いた研究者がいる。講師の藤原慎一(39)。自称「筋肉マニア」はパソコンで筋肉や骨の動き方をくわしく分析する独自のアプローチで、恐竜の体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

恐竜リバイバル

恐竜は我々の想像力をかき立ててやまないが、日本では化石があまり見つからず、長らく恐竜研究の「不毛の地」とされてきた。ところが最近、とある研究者が世界で目覚ましい活躍を見せ、若手も台頭。化石の発掘も活発になってきた。研究や町おこし、ビジネスの最前線で「恐竜リバイバル(再生)」の時代を支える人材を追った。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン