ヤマハ発、ケニアで無人ヘリ実証実験 農薬散布・物流など

2019/9/17 14:26
保存
共有
印刷
その他

ヤマハ発動機は17日、アフリカ・ケニアで産業用無人ヘリコプターを使ったサービスの実証実験を12月から実施すると発表した。産業用ドローン(小型無人機)を使ったサービスを手掛けるアストラル エアリアル ソリューションズ(ケニア)と共同で展開。産業用無人ヘリを使ったサービスの展開に向け事業の商機を検証する。

 アフリカでの実証実験で使う産業用無人ヘリ

両社は8月開催の第7回アフリカ開発会議(TICAD)で、無人航空機を使った各種のサービスの立ち上げに向けて協定を結んだ。今回の実証実験は同協定に基づき実施する。ケニアの首都ナイロビ近郊で模擬的な農薬散布や重量物の空輸などを手掛ける。

両社は実証実験の結果を踏まえ、事業計画の策定や協業体制を検討していく方針だ。2020年にケニアで試行的な事業を始め、将来はアフリカの他の地域での事業展開もめざす。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]