神鋼とミタル、水素製鉄プラントを共同で開発

2019/9/17 13:02
保存
共有
印刷
その他

神戸製鋼所と欧州アルセロール・ミタルは、石炭のかわりに水素を使うことで、二酸化炭素(CO2)の排出を減らせる製鉄技術を共同で開発すると発表した。ミタルが今後、ドイツで建設する実証プラントに神鋼が技術協力する。環境負荷の少ない水素を使った製鉄法は欧州など世界で開発が進みつつある。ミタルが建設する実証プラントは世界最大規模となる。

天然ガスや水素を使って環境負荷を減らす製鉄法の開発が進む(ミタルがドイツに持つ天然ガスを使った製鉄プラント)

17日までに、神鋼が100%出資する米製鉄設備メーカー、ミドレックス(ノースカロライナ州)とミタルが合意した。 ミタルはドイツのハンブルク市にある工場で、水素を使った製鉄法の実証プラントを開発する計画を進めている。ミドレックスが設備や技術を提供し、年間10万トンの生産能力を持つ実証プラントを建設する。投資額は明らかにしていない。

ミドレックスは天然ガスを使った製鉄法のノウハウを持ち、ミタルとも開発実績がある。水素を使った製鉄でも両社でノウハウを生かしていく。

世界的な「脱・石炭」の流れを背景に、石炭を使わない製鉄法の開発が欧州などで進んでいる。

高炉を使った現在の製鉄は、鉄鉱石と、石炭からつくる「コークス」を原料に鉄をつくる。ただ、還元反応のときに大量の二酸化炭素(CO2)が出る。石炭の代わりに天然ガスで還元する場合でも一定量のCO2が出る。水素を使えば、CO2は実質、ゼロにできる。

日本も水素を使った製鉄法の実用化を目指している。日本製鉄など高炉各社と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、まずCO2排出量を現在より3割減らせる製鉄法を2050年までに実用化する計画。次の段階として、水素だけでつくる「カーボンゼロ」の製鉄法の実用化を目指している。ミタルなど欧州勢も技術開発を本格化するなか、競争が激しくなりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]