/

中国財務次官、米中協議に出発へ

【北京=羽田野主】米中両国が19日からワシントンで開く次官級の貿易協議に向けて、中国財務省の次官らが出発する。中国国営の新華社が伝えた。10月に予定する閣僚級協議に向け、中国の米農産物の輸入再開などを中心に意見を交わす見通しだ。知的財産権の保護や産業補助金の削除など中国の構造改革を巡っても論点整理をするとみられる。

米中協議ではトランプ米大統領が「暫定的な合意」の検討の可能性に触れるなど米中双方が歩み寄りのムードを演出している。一方で米産業界には妥協に慎重論も根強く、行方は不透明だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン