首相、イラン大統領と会談へ 今月下旬

2019/9/17 12:10
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は17日の自民党役員会で、今月下旬にニューヨークで開催される国連総会にあわせてイランのロウハニ大統領と会談すると述べた。「中東情勢の緩和に向けた議論をする」と語った。金田勝年幹事長代理が記者会見で明らかにした。

首相は国連総会に合わせてトランプ米大統領とも会談する。サウジアラビアの石油施設への攻撃を受けて摩擦が激化する中東情勢をめぐり、米国とイランに緊張緩和を働き掛ける考えだ。

首相は8月末、来日したイランのザリフ外相と会い、ロウハニ氏との会談を調整すると確認した。中東の緊張緩和に向けた外交努力を続ける考えを強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]