/

この記事は会員限定です

[FT]米加州、働く人の搾取防止目指す(社説)

[有料会員限定]
Financial Times

米ライドシェア大手のウーバーテクノロジーズやリフトが何かというと持ち出すのが「柔軟性」だ。両社は米国などで展開するライドシェアサービスの運転手を従業員ではなく個人事業主として扱っている。疑問の声が出ると、決まって柔軟な雇用形態の利点を強調してきた。米カリフォルニア州で先ごろ、企業にこうした個人を従業員として扱うよう義務付ける法案が可決された。知事が署名すれば成立する。法制化は遅まきながら現状を変え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1861文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン