日経2020イベント

フォローする

スポーツで東京の価値磨け 都内各地で腕くらべ

Tokyo2020
(2/2ページ)
2019/9/18 17:00
保存
共有
印刷
その他

■「豊洲」、陸上トラック中心に街づくり

「新豊洲ブリリアランニングスタジアム」では義足のアスリートと一緒に楽しむ人も増えている(東京都江東区)

「新豊洲ブリリアランニングスタジアム」では義足のアスリートと一緒に楽しむ人も増えている(東京都江東区)

豊洲市場を擁し、東京五輪の競技会場にも近い江東区の豊洲では、東京ガス子会社の東京ガス不動産(東京・新宿)がスポーツを軸にした街づくりで実績を積み上げる。元陸上選手の為末大氏と組み、16年に全天候型の陸上トラックを備える「新豊洲ブリリアランニングスタジアム」をオープンさせたのに続き、今秋には低酸素環境でのトレーニングができる施設「アシックス・スポーツコンプレックス・東京ベイ」が開業する。

ランニングスタジアムはパラリンピック選手らが使う競技用義足の開発拠点としても障害者スポーツ関係者の間では有名。新たにアシックスが手掛けるトレーニング施設は五輪に出場するレベルのトップアスリートの心肺機能などを高めるニーズにも対応できるほか、健康志向が強い一般客の体力強化に向けた利用も想定している。

豊洲地区は選手村の建設が進む晴海地区と体操やテニスなどの競技会場が集積する有明地区の中間地点。訪日客でにぎわう豊洲市場を抱える豊洲地区が来夏、五輪観光の目玉スポットになることは確実だろう。東京ガスは都市ガスの製造拠点だった豊洲工場の跡地にランニングスタジアムや低酸素運動の施設などを誘致し、五輪後も見据え、スポーツや健康をキーワードにした街づくりに磨きをかける。

■「虎ノ門・麻布台」、健康でブランド戦略

森ビルが8月に発表した港区での「虎ノ門・麻布台プロジェクト」も「ウエルネス(健康)」が街のブランド戦略の柱のひとつになっている。23年に完成する新しい街では、医療施設、スパ、フィットネスクラブ、健康志向の食材も豊富に扱う「フードマーケット」を連携させて利用できるメンバーシッププログラムを用意する。

虎ノ門・麻布台エリアには、完成時には日本一の超高層ビルとなる330メートルのメインタワーを含む高層建築が3棟、商業施設が入る低層棟も整備される。商業施設のデザインはロンドン出身の著名空間デザイナー、トーマス・ヘザウィック氏を起用。「現代のダ・ヴィンチ」と呼ばれ、12年ロンドン五輪の聖火台をデザインしたことでも知られる。

森ビルが強く意識するのは、世界の都市総合力ランキング。7年連続で首位に輝くロンドンは五輪開催をきっかけに、観光客も増え、都市としての競争力が一段と強くなった。森ビルが5800億円を投じる虎ノ門・麻布台の再開発は現在3位の東京の順位を東京五輪後に押し上げる効果も期待される。

■「神宮外苑」、競技施設の建て替え相次ぐ

新国立競技場の建設工事は完成が近づくが、その後も周辺では再開発が続く(東京都新宿区)

新国立競技場の建設工事は完成が近づくが、その後も周辺では再開発が続く(東京都新宿区)

五輪後の都市開発をめぐる注目エリアとして、忘れてはいけないのが、明治神宮外苑だ。三井不動産は明治神宮、伊藤忠商事、日本スポーツ振興センター(JSC)と組み、神宮外苑エリアの再開発構想を具体化する構え。明治神宮の「明治神宮野球場」とJSCの「秩父宮ラグビー場」の場所を入れ替える形で、両施設を建て替える。伊藤忠は本社ビルを高層化し、26年度に完成させる。再開発プロジェクトの完成は30年代に入る見通し。

東京五輪前には、神宮外苑の北側に「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」が11月下旬に開業。新国立競技場の建設は11月末に完成し、12月には元陸上選手のウサイン・ボルト氏を招いたオープニングイベントが予定される。五輪開催を挟む形で、ホテルや国立競技場、神宮球場、秩父宮ラグビー場の建設が続き、「スポーツの聖地」のリニューアルが進む。

1964年東京五輪でも東京は大改造が進んだ。ただ、首都高速道路の高架で上空を覆われた日本橋などでは景観をめぐる批判も根強かった。大規模な都市開発にはステークホルダー(利害関係者)の合意形成の問題がつきものだ。今回の東京五輪の前後でも、スポーツを軸にした都市づくりをめぐって、同じ問題が横たわる。都市開発の担い手には合意形成に向けた努力義務も課せられている。

(山根昭)

日経2020イベントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

関連記事

電子版トップスポーツトップ

日経2020イベント 一覧

フォローする


 2020年東京パラリンピックが近づき、障害者スポーツ大会に多くの観客が集まるようになってきた。大会関係者の多くは今後、競技会場で観戦を楽しむ車いす利用者や視覚障害者が一段と増えるとみている。心配なの …続き (11/6)

講演するKDDIの高橋誠社長(右)とセイコーホールディングスの服部真二会長



 日本経済新聞社は9月25日、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に向け、テクノロジーが生み出すスポーツの価値をテーマにした「第3回チャレンジニッポン」を東京・大手町の日経ホールで開いた。KD …続き (10/17)

講演する森ビルの辻慎吾社長(右)と日本取引所グループの清田瞭CEO



 日本経済新聞社は9月24日、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に向け、都市の発展や国際間競争について議論する「第2回チャレンジニッポン」を東京・大手町の日経ホールで開いた。森ビルの辻慎吾 …続き (10/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]