千葉の停電、なお6万7000戸 電源車使い学校再開

2019/9/17 9:51 (2019/9/17 12:42更新)
保存
共有
印刷
その他

再開した八街市立交進小で先生の話を聞く児童(17日午前、千葉県八街市)=共同

再開した八街市立交進小で先生の話を聞く児童(17日午前、千葉県八街市)=共同

台風15号による千葉県内の大規模停電は17日も広範囲で続いた。復旧作業は各地で進むが、同日正午時点でなお約6万7千戸が停電し、断水も長期化している。一方、休校が続いていた公立小中学校は電源のメドが立ったところから、順次再開している。

東京電力パワーグリッドによると、17日正午時点で千葉県内の停電は山武市で約7500戸、南房総市約7100戸、八街市約6100戸など。同社は約1万6千人態勢で作業にあたり、おおむね27日までの復旧を目指すとしている。

千葉県によると、住宅被害は16日夕時点で2800戸を超え、約1万4千戸で断水が続いている。

八街市では17日、休校していた公立小中学校全13校が、授業を再開。停電から復旧していない市内の小学校3校には電源車をつないで電気を確保した。

授業が再開した八街市立交進小で学校に電力を供給している電源車(17日午前、千葉県八街市)=共同

授業が再開した八街市立交進小で学校に電力を供給している電源車(17日午前、千葉県八街市)=共同

八街市によると、市内の小中学校は9日から休校していた。電源車を使う学校でも、エアコンなどは通常通り使用可能。給食も提供するが、停電で生産に影響があったため牛乳は出ない。停電で洗濯ができない家庭も多いことから、汚れ物があまり出ないように授業やクラブ活動を配慮するという。

県や千葉市の13日時点の集計によると、公立の小中学校約100校が停電などの影響で休校。連休中に復旧作業の見通しが立った学校から順次、再開しているが、17日時点で14校が再開できていないという。

館山市では17日までに、市立小中学校14校のうち13校が再開。中学校1校が16日に降った強い雨で校舎の雨漏りが確認され、再開できなかった。市内では給食センターの屋根が損壊したりするなどの被害があったという。

同県は16日は激しい雨に見舞われたが、17日は昼前から昼すぎにかけて晴れる見込み。日中の予想最高気温は千葉市で30度、館山市で29度となっている。県内では多くのボランティアが復旧作業に当たっており、気象庁などはこまめな水分補給を呼びかけている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]