ユニクロ、古いダウンを回収・再生 環境に配慮

2019/9/17 2:47
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】ファーストリテイリング傘下のユニクロと東レは16日、古いダウンジャケットを店頭で回収して新しい製品にする取り組みを始めると発表した。ペットボトルもリサイクルし、Tシャツなどの素材にする。いずれも2020年から販売する。欧米を中心に環境問題への関心が強まる中、再生可能な製品を増やして世界展開にも弾みを付ける。

柳井会長兼社長は「地球は危機的状況にある」として、環境配慮型の製品を増やす(16日、ロンドン市内)

ファストリの柳井正会長兼社長と、東レの日覚昭広社長がロンドンで発表した。柳井氏は記者会見で「地球自体が危機的状況で、地球がないとビジネスができない。服を通じて社会の持続可能性に貢献する」と話した。

今月から国内のユニクロの店頭で着なくなったダウンを回収する。これまでダウン再生の工程は手作業で難易度が高かったが、東レの新技術でリサイクルが効率的にできるようになった。ペットボトルも異物などを取り除き、速乾性を持つ高機能素材に応用する。

欧州では温暖化など環境問題への関心が高く、モノやサービスが環境に配慮しているかどうかが消費者の支出の判断材料になっている。アパレル各社は天然素材やリサイクル素材を採用しており、海外を強化するユニクロも環境に配慮した製品を前面に打ち出す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]