スポーツ産業、GDPベースで把握 市場育成へ指標

2019/9/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は国内のスポーツと関連産業の規模を把握するための新しい指標を作る。国内総生産(GDP)統計からスポーツに関わる製品やサービスを抜き出し、「スポーツGDP」としてまとめる。日本は競技人口が多いスポーツでも、旅行やIT(情報技術)など関連サービスの裾野は広がりが乏しい。産業としての規模を正確にとらえ、市場の育成策につなげる。

政府は2016年に策定した「日本再興戦略」で、国内スポーツ産業の市場規…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]