法相親戚の男、逮捕状請求 韓国検察、ファンド疑惑

朝鮮半島
2019/9/16 9:42
保存
共有
印刷
その他

家族の疑惑を抱えながら法相に就任した曺国氏=聯合・共同

家族の疑惑を抱えながら法相に就任した曺国氏=聯合・共同

【ソウル=共同】韓国のソウル中央地検は16日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近、曺国(チョ・グク)法相の親族に絡む疑惑を巡り、曺氏の親戚である30代の男について横領や証拠隠滅教唆などの容疑で裁判所に逮捕状を請求した。韓国メディアによると、男は曺氏の妻らが出資した私募ファンドの実質的所有者とされ、検察は曺氏の親族による不透明な資金運用疑惑の解明を進める。

男は私募ファンドに関する疑惑が浮上した後、海外に出国し、帰国した14日に仁川国際空港で拘束された。裁判所が逮捕状の発付を認めた場合、法相に起用した文政権にとって打撃となる可能性がある。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]