スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

3位小原、4秒差で涙 MGC女子

Tokyo2020
2019/9/16 0:54
保存
共有
印刷
その他

「脚がちぎれそう」になるほどの必死の追い上げも及ばず、4秒差で2位を逃した3位の小原は「またやらかした」。日本勢トップの田中智美にわずか1秒差で敗れてリオデジャネイロ五輪代表を逃した2016年の名古屋ウィメンズと同じく、またも僅差に泣いた。

女子 3位でゴールした小原怜(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

女子 3位でゴールした小原怜(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

それでも表情には充実感もにじむ。前田と鈴木に離された後、足首などに痛みを覚えながらも奮起。ひょっとすると、という力走に「きつかったけれど、何かを得たような気がする」。MGCファイナルチャレンジで設定記録を突破する選手が出なければ、念願の五輪代表に決まる。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

 13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京 …続き (10/17)

ヨネックスのストリンギングチームの玉川裕康さん

 ヨネックスは東京五輪でテニスラケットのストリング張りを一括で請け負う。同社にとって五輪は4大会連続。世界中から選ばれた精鋭ストリンガー12人が東京・有明に集結し、トップ選手たちをサポートする。
 専属 …続き (10/17)

選手に寄り添い、一人ひとりの特徴を把握することに努める

 歓喜に沸いた2008年北京五輪から12年の時を経て、ソフトボールが東京で復活する。再び金メダルを目指す日本を率いるのが、かつて主砲として活躍した宇津木麗華監督(56)だ。自国開催の重圧に加え、宿敵米 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]