スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

飛び出した設楽、失速14位

Tokyo2020
2019/9/15 23:57
保存
共有
印刷
その他

スタートから飛び出した男子の前日本記録保持者、設楽は後半に失速。37キロ付近で集団に追いつかれて14位に終わった。「(ペースダウンした状況は)覚えていない。もうきつすぎて」と、言葉少なに振り返った。

男子 14位でゴールした設楽悠太(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

男子 14位でゴールした設楽悠太(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

一時は2分以上もリードする独走。ペースメーカー不在でも、いつもと変わらぬ自分のレースを試みた。「行けるところまで行くつもりだった。でも、25キロあたりできつかった」。終盤は28度を超えた暑さの中で、1キロ3分前後の冬のマラソンのようなペースを維持することはできなかった。

東京五輪をあきらめてはいない。「いったん休んで、(次にどのレースに出るかは)相談して決めます」。この日3位だった大迫から日本記録を取り戻せば、五輪切符も奪うことができる。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
男子種目別決勝 平行棒で着地を決め、ガッツポーズする萱和磨(シュツットガルト)=共同共同

 「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。

 一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進ん …続き (10/14)

女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]