スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

大迫3位「力負け」 主導権握れず MGC男子

Tokyo2020
2019/9/16 0:53
保存
共有
印刷
その他

左右に体を揺らしながら必死に食い下がったが、五輪内定まで5秒及ばなかった。「力負け。真摯に受け止めないといけない」。本命視されていた大迫だが、最後までレースの主導権を握れずに敗れ去った。

男子 27キロ付近を力走する(右から)優勝した中村匠吾、3位の大迫傑、2位の服部勇馬(15日、東京・銀座)=共同

男子 27キロ付近を力走する(右から)優勝した中村匠吾、3位の大迫傑、2位の服部勇馬(15日、東京・銀座)=共同

設楽の飛び出しは想定内だったというが、2位集団での位置取りには迷いが感じられた。自ら引っ張ることはないものの、入れ代わり立ち代わり前に出る選手に反応して追いかけた。「普段はもう少し後ろにいるのに。いちいち対応してしまって足を使った。小さなところが最後に大きな差になって出た」。中村の上り坂でのスパートについていけず、最後は服部にも逆転を許した。

五輪行きを決められなかったが、冬からの3大会で自身の日本記録(2時間5分50秒)を破られなければ代表に決まる。「待つのか、(3大会のいずれかに出て)自己ベストを狙うのか、コーチと相談したい」と話した。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

男子団体総合で3位となり、表彰台に上がる日本チーム=共同共同

 【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】体操の世界選手権で団体総合金メダルを目指した日本男子は6種目合計258.159点で2年連続の3位となった。旧ソ連時代以来28年ぶりの優勝を果たしたロシアとの差 …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]