スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

鈴木、安堵 粘って2位、夏に強み MGC女子

Tokyo2020
2019/9/15 23:52
保存
共有
印刷
その他

今大会に限っては"勝利"に値する2位に入った鈴木は五輪切符獲得に「ほっとしている」。ただ、20キロを過ぎての前田のペースアップについていけず、追い上げを期した後半の加速も不発に。「マラソンの怖さを知った」としみじみ語った。

レース終盤の上り坂で力走する2位の鈴木亜由子=共同

レース終盤の上り坂で力走する2位の鈴木亜由子=共同

ゴールまでの2.195キロは8分55秒で、前田より59秒、小原より29秒遅かった。「天満屋さんと比べて練習の質がまだ足りないかな」と高橋監督。前半から一山、前田が果敢にペースを上げにいった中、待ちの姿勢に終始したレース運びの改善も課題になるだろう。

それでも、終盤に猛追してきた小原を4秒差で振り切った粘りは見事。前田の背中を追う中、トラックで磨いてきたスピードを武器に2番手を"独走"して蓄えた貯金がものをいった。

昨年8月に優勝した北海道を含め、2度のマラソンはいずれも暑い時期のもの。東京五輪を見据え、ライバルに先駆ける形で夏にピークを合わせてきた経験値と、前田に完敗して生まれた危機感は、五輪本番へまたとない財産になるはずだ。(合六謙二)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

 13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京 …続き (10/17)

ヨネックスのストリンギングチームの玉川裕康さん

 ヨネックスは東京五輪でテニスラケットのストリング張りを一括で請け負う。同社にとって五輪は4大会連続。世界中から選ばれた精鋭ストリンガー12人が東京・有明に集結し、トップ選手たちをサポートする。
 専属 …続き (10/17)

選手に寄り添い、一人ひとりの特徴を把握することに努める

 歓喜に沸いた2008年北京五輪から12年の時を経て、ソフトボールが東京で復活する。再び金メダルを目指す日本を率いるのが、かつて主砲として活躍した宇津木麗華監督(56)だ。自国開催の重圧に加え、宿敵米 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]