スマホ決済「1カ月90回以上」が半数 中国50人調査

アジアBiz
2019/9/15 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】アリババ集団、騰訊控股(テンセント)が主導するスマートフォン決済は現金を完全に駆逐しつつある。用途が実店舗での支払いからスマホで受けられる様々なサービス、医療にまで広がり、利便性は現金をはるかにしのぐ。日本経済新聞社が8月に実施したアンケートでは、過去1カ月のスマホ決済の利用回数が「90回以上」とした回答は47%と半数近くを占めた。

「過去1カ月に現金を使ったのは一回きり。スマホ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]