みこし豪快に海へ飛び込む 和歌山・那智勝浦で例大祭

2019/9/15 20:41
保存
共有
印刷
その他

勝浦八幡神社の例大祭で、水しぶきを上げて海へ飛び込むみこしと担ぎ手の男たち(15日午後、和歌山県那智勝浦町)=共同

勝浦八幡神社の例大祭で、水しぶきを上げて海へ飛び込むみこしと担ぎ手の男たち(15日午後、和歌山県那智勝浦町)=共同

和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に面して立ち、海の守り神とされる勝浦八幡神社の例大祭が15日営まれ、みこしもろとも担ぎ手の男たちが海に飛び込む豪快な「海中みそぎ」が観光客らを楽しませた。

例大祭は神社を出たみこしが港町を練り歩いた後、豊漁と航海安全を願って海に入り、帰路は船に乗せられて戻るのが習わし。

漁港では、若者らがこぐ木造の小型船「櫂(かい)伝馬」が海上でみこしの到着を待った。水しぶきを上げみこしが海へ飛び込むと、見物客から大きな歓声が上がった。

名古屋市から観光に来た水野義己さん(68)は「初めて見たが、ダイナミックで驚いた」と話した。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]