「屈するわけにはいかぬ」京アニ社員懸命 事件2カ月

2019/9/16 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件は、18日で発生から2カ月となる。遺族らの悲しみが癒えることはないが、少しずつ日常を取り戻しつつある制作現場では「ファンの期待に応えたい」と前を向く社員も。国内外から集まった募金は25億円を超え、作品の特別上映などで後押しする動きもある。京アニ再生への誓いと支援の輪は静かに、着実に広がっている。(玉岡宏隆、船津龍樹)

「クオリティーの高い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]