/

この記事は会員限定です

社会保障改革、まず支え手拡充 全世代型会議

19年中に中間報告、高齢者の就労促す

[有料会員限定]

政府は週内に社会保障改革を検討する新会議の初会合を開く。安倍晋三首相をトップに経済財政諮問会議など関係する政策会議の代表者を一堂に集める。年内に年金や介護を中心に中間報告を示し、来年夏に最終報告をまとめる。当面は経済成長を後押しする改革を優先する構えで、高齢者の就労促進など社会保障の支え手を充実させる議論が先行する。

全世代型社会保障検討会議は、西村康稔経済財政・再生相が仕切り役を務める。麻生太郎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン