日中、第三国のインフラ投資で官民会合

2019/9/15 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日中両政府は2020年春、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の来日に合わせ、東南アジアなど第三国でのインフラ投資で協力関係を進める官民合同会議を日本で開く方針を決めた。日中の金融機関や企業間の連携を強め、投資案件が決まれば両政府が資金面などで支援する。

「日中第三国市場協力フォーラム」を開くことで日中両政府が合意した。すでに経済産業省などが日本の主要企業に参加を呼びかけている。同フォーラムは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]