スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

中村、会心 余力残してスパート MGC男子

Tokyo2020
2019/9/15 13:03
保存
共有
印刷
その他

27キロ付近を力走する(右から)中村匠吾、大迫傑、服部勇馬ら=共同

27キロ付近を力走する(右から)中村匠吾、大迫傑、服部勇馬ら=共同

中間点で約2分も離されていた2位集団が、大逃げを打った設楽を37キロ過ぎでのみ込んだ。大方の見立て通り、勝負の行方は終盤の上り坂へ。それまで集団の中で淡々と時機を待っていたのが中村だった。「40キロ付近で仕掛けるのがベスト」。前日の試走で心に決めたポイントにさしかかり、帽子を取ったのを合図にスパートをかけた。

大迫、服部ら実力者に対して一歩も引かなかった。残り1キロで大迫に並ばれても、もう一段階ギアを上げて引き離す。誰よりも余力があり、力強い走りだった。起伏のある40キロ以降を6分18秒でまとめた追い込みもさることながら、42・195キロを通した全体のマネジメントへの評価は高い。

5月と7月に2度故障で練習を中断したが、うまく疲労が抜けていたのはケガの功名か。もともと汗はかきにくく、暑さには強いタイプ。予想以上に気温が上がったことも味方した。自己ベストは2時間8分台。レースの注目は「4強」へと注がれ、過度な重圧に縛られることがなかったのも都合が良かった。

駒大時代に東京五輪開催が決まり、大八木監督から「マラソンで五輪を目指そう。一緒にやらないか」と声を掛けてもらった。富士通に入社後も師弟関係を続けてつかんだ悲願の五輪切符。胸に去来するのは「監督と目指せばたどり着くのではないかと思った。恩返しができた」との思いだ。9月16日は27歳の誕生日。最高の前祝いとなった。(渡辺岳史)

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の男子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった中村匠吾(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の男子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった中村匠吾(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

 13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京 …続き (10/17)

ヨネックスのストリンギングチームの玉川裕康さん

 ヨネックスは東京五輪でテニスラケットのストリング張りを一括で請け負う。同社にとって五輪は4大会連続。世界中から選ばれた精鋭ストリンガー12人が東京・有明に集結し、トップ選手たちをサポートする。
 専属 …続き (10/17)

選手に寄り添い、一人ひとりの特徴を把握することに努める

 歓喜に沸いた2008年北京五輪から12年の時を経て、ソフトボールが東京で復活する。再び金メダルを目指す日本を率いるのが、かつて主砲として活躍した宇津木麗華監督(56)だ。自国開催の重圧に加え、宿敵米 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]