スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

MGC、女子は前田が優勝 鈴木が2位

Tokyo2020
2019/9/15 11:50
保存
共有
印刷
その他

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった前田穂南(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった前田穂南(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑発着のコースで行われ、女子は前田穂南(天満屋)が優勝、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2位となり、ともに代表に内定した。小原怜(天満屋)が3位に入った。

【関連記事】男子は中村が優勝、服部2位で代表に

スタート直後に一山麻緒(ワコール)がハイペースで集団を揺さぶり、一部選手が脱落。一山がペースダウンした15キロ地点で集団は6人となり、前田が20キロ手前の給水地点で抜け出すとその後は独走態勢に入った。終盤の厳しい上り坂でも大きく失速することなく、2位の鈴木に3分40秒以上の大差を付けた。

小原は終盤に猛追して鈴木に4秒差まで迫ったが、及ばなかった。優勝候補に挙げられていた松田瑞生(ダイハツ)は4位だった。

五輪本番とほぼ同じコースで女子は10人が出場。3位も来春までの国内指定大会の結果次第で代表入りの可能性がある。

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で2位に入り、2020年東京五輪の日本代表に決まった鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で2位に入り、2020年東京五輪の日本代表に決まった鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

 13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京 …続き (10/17)

ヨネックスのストリンギングチームの玉川裕康さん

 ヨネックスは東京五輪でテニスラケットのストリング張りを一括で請け負う。同社にとって五輪は4大会連続。世界中から選ばれた精鋭ストリンガー12人が東京・有明に集結し、トップ選手たちをサポートする。
 専属 …続き (10/17)

選手に寄り添い、一人ひとりの特徴を把握することに努める

 歓喜に沸いた2008年北京五輪から12年の時を経て、ソフトボールが東京で復活する。再び金メダルを目指す日本を率いるのが、かつて主砲として活躍した宇津木麗華監督(56)だ。自国開催の重圧に加え、宿敵米 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]