スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

MGC、女子は前田が優勝 鈴木が2位

Tokyo2020
2019/9/15 11:50
保存
共有
印刷
その他

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった前田穂南(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった前田穂南(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑発着のコースで行われ、女子は前田穂南(天満屋)が優勝、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2位となり、ともに代表に内定した。小原怜(天満屋)が3位に入った。

【関連記事】男子は中村が優勝、服部2位で代表に

スタート直後に一山麻緒(ワコール)がハイペースで集団を揺さぶり、一部選手が脱落。一山がペースダウンした15キロ地点で集団は6人となり、前田が20キロ手前の給水地点で抜け出すとその後は独走態勢に入った。終盤の厳しい上り坂でも大きく失速することなく、2位の鈴木に3分40秒以上の大差を付けた。

小原は終盤に猛追して鈴木に4秒差まで迫ったが、及ばなかった。優勝候補に挙げられていた松田瑞生(ダイハツ)は4位だった。

五輪本番とほぼ同じコースで女子は10人が出場。3位も来春までの国内指定大会の結果次第で代表入りの可能性がある。

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で2位に入り、2020年東京五輪の日本代表に決まった鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で2位に入り、2020年東京五輪の日本代表に決まった鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
陸上日本選手権男子800メートルで優勝したクレイ・アーロン竜波共同

 陸上男子800メートルで6月の日本選手権を制したクレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)が来春の卒業後、秋に米テキサス農工大に進学する。11月25日には東京五輪やその後の国際大会で活躍が期待される若手 …続き (12/5)

代表落ちがきっかけで平野は攻撃型に転じた

 卓球の東京五輪シングルス代表を巡る争いが最終局面を迎えている。残り1枠を巡り、女子は初出場を期す平野美宇(日本生命)が、石川佳純(全農)をわずかにリード。前回リオデジャネイロ五輪の選考では伊藤美誠( …続き (12/5)

コンゴ戦でシュートを決める田辺。日本はサイドシュートの決定力が命運を握る=共同共同

 ハンドボール女子の世界選手権第5日は4日、熊本県各地で1次リーグが行われ、試合のなかったD組の日本は5日のロシア戦に向けて休養に充てた。2勝1敗でD組3位につける日本は、残り2戦で1つ勝てば1次リー …続き (12/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]