スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

MGC、女子は前田が優勝 鈴木が2位

Tokyo2020
2019/9/15 11:50
保存
共有
印刷
その他

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった前田穂南(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で優勝し、2020年東京五輪の日本代表に決まった前田穂南(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑発着のコースで行われ、女子は前田穂南(天満屋)が優勝、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が2位となり、ともに代表に内定した。小原怜(天満屋)が3位に入った。

【関連記事】男子は中村が優勝、服部2位で代表に

スタート直後に一山麻緒(ワコール)がハイペースで集団を揺さぶり、一部選手が脱落。一山がペースダウンした15キロ地点で集団は6人となり、前田が20キロ手前の給水地点で抜け出すとその後は独走態勢に入った。終盤の厳しい上り坂でも大きく失速することなく、2位の鈴木に3分40秒以上の大差を付けた。

小原は終盤に猛追して鈴木に4秒差まで迫ったが、及ばなかった。優勝候補に挙げられていた松田瑞生(ダイハツ)は4位だった。

五輪本番とほぼ同じコースで女子は10人が出場。3位も来春までの国内指定大会の結果次第で代表入りの可能性がある。

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で2位に入り、2020年東京五輪の日本代表に決まった鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の女子で2位に入り、2020年東京五輪の日本代表に決まった鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)=共同

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
国際スポーツクライミング連盟 マルコ・スコラリス会長

 東京五輪の追加競技に採用されたスポーツクライミング。2007年に国際スポーツクライミング連盟(IFSC)が設立されて以降、競技はスピード出世を遂げた。イタリア人のマルコ・スコラリスIFSC会長に準備 …続き (12/13)

平野は中国選手に敗れ、東京五輪のシングルス代表の座を逃した=共同
共同

 直前に石川が敗れ、選考レースの趨勢を握ることになった平野。勝てば悲願の五輪シングルス出場、負ければその権利は石川へ。「向かっていくだけ。思い切っていこう」。邪念を払いのけるように平野は右腕を振ったが …続き (12/13)

卓球グランドファイナルの女子シングルス1回戦でプレーする石川佳純。東京五輪代表の選考基準を満たし、シングルス代表入りを確実にした=共同共同

 【鄭州(中国)=鱸正人】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナルは12日、中国の鄭州で開幕し、シングルスの女子1回戦で東京五輪シングルス代表の残り1枠を争う石川佳純(全農)と平野美宇(日 …続き (12/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]