スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

中村が優勝、服部2位で代表に マラソン五輪選考会

Tokyo2020
2019/9/15 11:25
保存
共有
印刷
その他

MGCの男子で1位でゴールした中村匠吾(写真左)と2位の服部勇馬(15日、東京・明治神宮外苑)

MGCの男子で1位でゴールした中村匠吾(写真左)と2位の服部勇馬(15日、東京・明治神宮外苑)

東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑発着のコースで行われ、男子は中村匠吾(富士通)が優勝した。2位には服部勇馬(トヨタ自動車)が入り、ともに五輪代表に内定した。大迫傑(ナイキ)は3位、設楽悠太(ホンダ)は14位だった。

39キロ過ぎで力走する(右から)優勝の中村、2位の服部、3位の大迫=代表撮影

39キロ過ぎで力走する(右から)優勝の中村、2位の服部、3位の大迫=代表撮影

建設中の新国立競技場の横を駆け抜ける選手ら=代表撮影

建設中の新国立競技場の横を駆け抜ける選手ら=代表撮影

【関連記事】MGC、女子は前田が優勝 鈴木が2位

スタートから設楽悠が大逃げを打った。下り基調の前半でリズムよく足を運び、最初の1キロで10秒、5キロ地点で後続と1分の差をつけ、中間点では約2分も引き離した。しかし暑さも影響してか、徐々にペースダウン。9人で形成された第2集団が上り坂を迎える37キロ過ぎの給水で一気に抜き去った。

勝負どころは終盤だった。40キロ付近から中村が先頭に出て、追いすがる服部や大迫を振り切る。最後はガッツポーズでゴールテープを切った。

五輪本番とほぼ同じコースで男子は30人が出場。3位も来春までの国内指定大会の結果次第で代表入りの可能性がある。

15キロ付近の東京・浅草寺の雷門前を通過する選手ら(共同)

15キロ付近の東京・浅草寺の雷門前を通過する選手ら(共同)

新国立競技場を背に疾走

新国立競技場を背に疾走

【関連記事】中村V、大迫・服部との三つどもえ制す

マラソングランドチャンピオンシップで東京五輪の代表に内定し、表彰式で笑顔を見せる(右から)男子2位の服部勇馬、同1位の中村匠吾、女子1位の前田穂南、同2位の鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)

マラソングランドチャンピオンシップで東京五輪の代表に内定し、表彰式で笑顔を見せる(右から)男子2位の服部勇馬、同1位の中村匠吾、女子1位の前田穂南、同2位の鈴木亜由子(15日、東京・明治神宮外苑)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする

 13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合が昨年に続き銅メダル、個人も種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅1つという結果だった。大会を通して最も印象的だったのはロシアの強さ。東京 …続き (10/17)

ヨネックスのストリンギングチームの玉川裕康さん

 ヨネックスは東京五輪でテニスラケットのストリング張りを一括で請け負う。同社にとって五輪は4大会連続。世界中から選ばれた精鋭ストリンガー12人が東京・有明に集結し、トップ選手たちをサポートする。
 専属 …続き (10/17)

選手に寄り添い、一人ひとりの特徴を把握することに努める

 歓喜に沸いた2008年北京五輪から12年の時を経て、ソフトボールが東京で復活する。再び金メダルを目指す日本を率いるのが、かつて主砲として活躍した宇津木麗華監督(56)だ。自国開催の重圧に加え、宿敵米 …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]