豚コレラ拡大で対策会議 農相「ステージ変わった」

2019/9/14 21:09 (2019/9/14 22:36更新)
保存
共有
印刷
その他

豚コレラの感染が確認された養豚場の近くで、消毒のため通行止めの道路に石灰をまく関係者(14日午前、埼玉県秩父市)=共同

豚コレラの感染が確認された養豚場の近くで、消毒のため通行止めの道路に石灰をまく関係者(14日午前、埼玉県秩父市)=共同

豚コレラの感染が埼玉県と長野県でも確認されたことを受け、農林水産省は14日夜、豚コレラ防疫対策本部の会合を開いた。冒頭で江藤拓農相は「ステージは確実に変わった。長野と埼玉(での発生)は非常に大きい」と警戒感を示した。会合ではウイルスのまん延防止に向け、ワクチン接種の是非などを話し合った。

農水省の豚コレラ防疫対策本部の会合で発言する江藤農相(14日午後、東京都千代田区)=共同

農水省の豚コレラ防疫対策本部の会合で発言する江藤農相(14日午後、東京都千代田区)=共同

豚コレラの感染が関東でも確認されたことを受け、事務次官や担当局長ら幹部が対策本部に集まった。江藤氏は同日の会合について「どういう方針をとるか指示はしないが、我々が動かねばならないのは間違いない事実だ」と述べた。豚コレラ被害の拡大防止に向け、様々な対策を打ち出す必要があるとの考えを示した。

11日に就任した江藤氏はこれまでの記者会見で、豚コレラ対策のワクチン接種について「決断しなければならないときは私が決断する」と述べている。ワクチン接種は感染拡大の防止に効果があるが、豚肉の流通や輸出に制限が出るなどリスクもある。

豚コレラを巡っては13日、埼玉県秩父市の養豚場での感染が判明し、関東での発生が確認された。14日には長野県の畜産試験場でも感染が確認された。昨年9月に岐阜県で再発生し1年が経過したが、ウイルスのまん延が止まらない状況が続いている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]