[社説]介護保険は給付と負担の双方に切り込め

2019/9/15 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

介護保険制度の見直しに向けた本格的な議論が、社会保障審議会の部会で始まった。高齢化がさらに進むなかで制度を維持するためには、給付と負担の見直しが必須だ。厳しい現実を直視し、痛みを伴う改革に踏み込むべきだ。

介護保険は3年に1度、制度を見直している。今回の議論は2021年度からの実施に生かすためのものだ。

介護保険の現状は厳しい。介護費用は19年度の予算ベースで11.7兆円に達した。制度創設時の0…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]