[社説]自由化に役立つ電力先物に

2019/9/15 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本取引所グループ(JPX)への統合を決めた東京商品取引所が17日、国内初の電力先物を上場する。事業者が電力の調達や販売価格をあらかじめ固定し、経営の安定に役立てることが可能になる。活発な市場に育て、電力市場の自由化を進めてもらいたい。

電力事業に新規参入した事業者の多くは、自前の発電設備を持たず、調達を卸電力市場に頼っている。日本卸電力取引所のスポット市場には150~160社ほどが参加し、売買…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]