三重の新名神でのり面崩落 けが人なし、復旧に1週間

2019/9/14 13:49 (2019/9/14 21:29更新)
保存
共有
印刷
その他

13日午後8時半ごろ、三重県四日市市伊坂町の新名神高速下り線で、道路脇ののり面が崩れていると利用者から中日本高速道路に連絡があった。同社によると、巻き込まれた車やけが人はいなかったが、四日市ジャンクション(JCT)―新四日市JCT間の下り線が通行止めとなり、復旧に約1週間かかる見込み。

三重県北部では4日から6日にかけて大雨となり、四日市市で5日未明、1時間に121.0ミリの記録的短時間大雨を観測。同じのり面が同日、大雨のため幅約7メートル、高さ約10メートルにわたり崩落し、中日本高速が道路への土砂流入防止のため、のり面と路肩の間に土のうを並べるなどしていた。

同社によると、13日は幅50~60メートル、高さ約14メートルが崩落。土のうが倒れるなどしたが、土砂の多くは路肩でとどまり、一部が2車線のうちの走行車線に流入したという。同社は14日、新たな崩落による上り線への土砂流入を防ぐため、中央分離帯にも土のうを並べた。

同社は、通行止めの影響で東名阪自動車道下り線の渋滞が予測されるとして、名神高速道路への迂回を呼び掛けている。現場は四日市JCTから西に約1.5キロ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]