歯ブラシ年1億本 環境包装に 大阪のOEM最大手

2019/9/14 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

歯ブラシのOEM(相手先ブランドによる生産)国内最大手、ヤマトエスロン(大阪府八尾市)は2019年中に、全ての歯ブラシの容器を環境に配慮した素材に切り替える。年1億本以上の歯ブラシを生産。2~3割のコスト上昇分は発注元と交渉して分担する。これまで日用品は価格重視だったが、消費者の環境への関心の高まりに対応した商品が広がりそうだ。

歯ブラシを包む透明なプラスチック容器に植物由来の素材を10~20%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]