長久手(愛知) 戦国の激戦地、今は若さあふれる街

ひと・まち探訪
2019/9/14 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

戦国時代の1584年(天正12年)、羽柴(豊臣)秀吉と徳川家康が戦った「小牧・長久手の戦い」の舞台として知られる愛知県長久手市。近年は隣接する名古屋市のベッドタウンとして発展し、2005年には愛知万博(愛・地球博)の会場に。22年秋には跡地に「ジブリパーク」が開業する予定だ。両雄が覇を競ったかつての激戦地は、400年の時を経て大きな躍進を遂げている。

9月の週末、名古屋市と結ぶ日本初のリニアモー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]